取材 , 食べ物
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分スタイルで楽しめる『フランス料理店Chez ken(シェケン)』に行ってきました

DSC42_21

フランス料理というと、ちょっとしたマナーが分からず食事が楽しめなかったこと、ありませんか?
宮崎県都城市に、箸でも食べれるフランス料理で、地産地消を積極的に取り組み、味と見た目も本格的なフレンチが楽しめるお店があるとのことで、フランス料理店Chez ken(シェケン)』へ行ってきました。

 

Chez ken シェケン|宮崎県都城市のフランス料理店
http://chez-ken.com/

 

A:フランス料理店シェケン(宮崎県都城市中町16-12)

大きな地図で見る

 

宮崎県都城市のウエルネス交流プラザの目の前にシェケンがあります。フランス国旗が目印。

DSC42_01

 

近くにあるウエルネスパーキングの駐車料金サービス制度の加盟店とのことで、食事をすれば駐車料金が金額に応じてサービスされるようです。

DSC42_02

 

こんな感じで予約満席になることも多いようで、事前予約が必要。

DSC42_03

 

ランチは12:00~14:30(L.O.13:30)
3種類あって、1,500円、2,000円、3,000円です。
1,500円のランチは、魚か肉かはシェフおまかせの日替わりになるとのこと。

DSC42_04

 

ディナーは18:00~21:00(L.O.20:00)
各種コースが3,500円~

DSC42_05

 

店内に入るとこんな感じで、

DSC42_06 DSC42_07

 

グラスが逆さで綺麗に並んでます。

DSC42_08

 

ワインは自ら海外で買いつけたようです。フランスやイタリア、スペイン、アルゼンチン等々、世界各国のワインが。

DSC42_09 DSC42_10

 

100種類以上のワインのバリエーションがあり、自分に合うワインを探すのも楽しそう。

DSC42_11

 

シェケンのオーナーシェフ、宮田健一氏はフランスで修行を3年間しており、その時の写真がずらり。
フランスから戻ってきて、鹿児島のベイサイド迎賓館で料理長を務めるなどしてから独立、お店を開いて6年半になるとか。

DSC42_12

 

こんな感じのテーブルが少数あって8人ほどでいっぱいになります。奥には掘りごたつタイプの個室で8人ほどOKで、合計16人くらいで満席に。

DSC42_13

DSC42_14

 

箸でも食べれるフランス料理なのが特徴。ナイフやフォークが苦手でもOK。自分スタイルでリラックスして食事を楽しめるのです。

DSC42_15

DSC42_15a

 

クリスマスが近づいております。12月20日(金)~26日(木)は期間限定クリスマスディナーが食べられます。予約制のスペシャルメニューで、特別な夜に最適。
期間中はランチはなしでディナーのみとのこと。4コースあって、16,000円、11,000円、8,500円、6,500円と高価ですが、ほとんど予約で埋まっているほど人気とか。
今回は、クリスマスゴールドディナーの一部を食べてみます。

DSC42_16

 

前菜がきました。こんな感じで色鮮やか。
赤いチリソース、緑のバジリコソースと、色合いがクリスマス。
海老がカダイフ(小麦粉でできた細麺)に巻き揚げられています。

DSC42_17

 

両サイドは大根に挟まれたカラスミ。芋焼酎「黒霧島」に漬けた自家製カラスミなのです。
大根のピリ辛さとカラスミは相性抜群とのこと。

DSC42_18

 

カダイフのサクサク感と、海老のプリプリ感を一緒に味わうことができます。海老フライとは違う新食感です。
海老表面はしっかり焼かれて熱が通されているものの、ほんのり磯の香りも感じることができます。
チリソース・バジリコソースと複数ソースがあるため、味に変化が出てきて飽きずにもっと食べたくなる感じ。

DSC42_19

 

鯛の白ワイン蒸しです。こちらはクリスマスディナーではありません。

DSC42_20

 

ソースは白ワインと魚のだし汁にキノコ、生クリームを使っていてクリーミーとのこと。
真鯛と一緒にイクラが。筋子を取り寄せて自家製で味付けをしているイクラとか。

DSC42_21

 

パンもこだわって、特製オーダーメイド。

DSC42_22

 

食べると、やわらかい食感、魚の上品ないい香りと白ワインの香りが合わさって口の中に広がります。
ソースが効いていてクリーミー。

DSC42_23

 

パンは表面パリパリッとして、中はフワッといい感じ。

DSC42_24

 

18:00以降は店内から見れるウエルネス交流プラザのイルミネーションがとてもキレイ。

DSC42_27 DSC42_28

オーナー宮田健一氏の今後の展望として、皆さんにもっとフレンチを食べてもらいたい、そのために大きい店が必要とのことで、今後の事業展開が気になるところです。

こんな感じで、フランス料理店シェケンは食材にこだわりを持ち、見た目芸術的、味は本格的なフレンチです。
フランス料理というとマナーについて苦手意識を持つ人が少なくないですが、こちらのお店では箸でも食べることができたり、手でつかんで食べてもOKだそう。
自分スタイルでリラックスしてフランス料理を楽しみたい方におススメのお店です。

 

 

ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ

この記事を書いた人: Jotaro

宮崎県都城市にあるBTVケーブルテレビの社員(2年目)です。冷や汁が好きです。2013年8月に初めて一眼レフを入手、2014年7月にニコンD810をゲット!写真にあきつつある今日この頃ですので、動画用にパナソニックGH4と3軸ジンバルBG001-Proを手に入れて遊んでいます。最近は3DCG制作を勉強中。