取材 , 食べ物
このエントリーをはてなブックマークに追加

気さくなオーナーのアットホームな居酒屋『楽食家。まぶ亭。』に行ってきました

DSC58_17

宮崎県都城市の地域に根付いたアットホームな雰囲気の居酒屋「楽食家。まぶ亭。」は、そのオーナーの気さくな対応で、家族連れや女性に人気とのこと。週末はほとんどの客が女性とか。その評判のオーナーの作る料理を食べに行ってきました。

 

楽食家。まぶ亭。(宮崎県都城市南鷹尾町38-14)

 

お店に到着。

DSC58_01

 

「まぶ亭」という店名は、真結びというほどけない結び方で亭主とお客様が強く結ばれるという意味とか。

DSC58_02

 

営業時間は18:00~23:30(L.O.23:00)
定休日は火曜日

DSC58_03

 

店内はテーブル席が4つほどでこじんまりとした感じですが、オーナーが気の利いたサービスを提供するには全体を見渡せてちょうどよい広さらしい。

DSC58_04

 

チャミスルという韓国の焼酎が。韓国ではどんな飲食店にも置いてある韓国を代表する焼酎とのこと。

DSC58_05

 

他にもこんな焼酎がずらり。高級プレミア焼酎もあります。

DSC58_06

DSC58_07

 

メニュー表です。今回はオーナーオススメの、ナンコツ味噌煮込み(630円)、和風ピザ(714円)、ビビンバ(714円)を注文します。

DSC58_08

DSC58_09

DSC58_10

DSC58_11

DSC58_12

 

飲み物のメニュー表。

DSC58_13 DSC58_14

 

ビビンバ、和風ピザ、ナンコツ味噌煮込みが登場。

DSC58_15

 

ビビンバはこんな感じ。これをオーナーがいい具合にかき混ぜてくれます。

DSC58_16

 

アツアツの状態が保たれるおかげで、底の方にはパリパリの香ばしいおこげができており食感が最高。
コチュジャンはクセが少なく、適度にピリッとした辛味が肉や茹でた野菜とマッチしており、万人が食べやすい感じ。 DSC58_18

 

和風ピザです。手作りの味噌ソースに具材はキノコ等にチーズをのせて焼いたもの。
味噌とチーズの相性がいいと客からの評判とか。

DSC58_19

 

食べてみると、チーズと味噌の香りが強めでクセがあり、しっかりとしたコクがあります。味噌と融合させることで、まろやかさがプラスされた感じ。

DSC58_20

 

ナンコツ味噌煮込みです。オーナーのお母さんから伝承して、創業当時に一番最初にできたメニューとのこと。
ご飯の上にかけて、ナンコツ丼で食べる人もいるとか。

DSC58_21

 

もちもちとしつつプルプル食感の豚軟骨に、味噌の味がしっかりとしみこんでいて美味です。
オーナー自ら育てたという大根もよく煮込まれていて、たっぷり味が染み込んでいます。
今回の中では一番好印象のナンコツ味噌煮込み。

DSC58_22

 

左がオーナーの「たけちゃん」です。都城市で創業して10年以上になるとか。首に巻いているのは客から貰った手ぬぐいで、トレードマークとのこと。

訪れた客は家族だと思って接客しているらしい。「楽食家。まぶ亭。」は気さくなオーナーが笑顔で応じてくれる、家庭的で良い雰囲気のお店です。

DSC58_23

 

今回、「楽食家。まぶ亭。」で食後のアイスを視聴者全員に無料プレゼントしています。

DSC58_24

ぜひ食べてみたいという方は、BTVケーブルテレビの市民チャンネルで放送中のグルメ番組「天然うまうま」(1月20日まで毎日放送)でアイスがもらえる合言葉を紹介していますのでご覧ください。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ

この記事を書いた人: Jotaro

宮崎県都城市にあるBTVケーブルテレビの社員(2年目)です。冷や汁が好きです。2013年8月に初めて一眼レフを入手、2014年7月にニコンD810をゲット!写真にあきつつある今日この頃ですので、動画用にパナソニックGH4と3軸ジンバルBG001-Proを手に入れて遊んでいます。最近は3DCG制作を勉強中。