取材 , 食べ物
このエントリーをはてなブックマークに追加

『道の駅 松山 やっちくふるさと村』が大人気なのでまた行ってきました

DSC51_21

福岡県を中心に「北キツネの大好物」というソフトクリームとクレープの店を展開している、有限会社フォックスカンパニーの藤島博仁社長は、昨年に「道の駅松山」(鹿児島県志布志市)の指定管理者となり、個性的な道の駅作りに奮闘中です。

今回、藤島博仁社長の「道の駅松山」にかける想いを聞きに、大人気のビュッフェがすごい『道の駅 松山 やっちくふるさと村』へ行ってきました。

 

道の駅松山やっちくふるさと村(鹿児島県志布志市松山町新橋1526−1)

 

宮崎県都城市から車で約30分かけて『道の駅 松山 やっちくふるさと村』に到着。

DSC51_01

 

朝9:00の朝礼はこんな感じ。左が藤島社長、中央がチーフパティシエ吉留智人氏。

DSC51_02

 

従業員は皆さんそれぞれ地元出身で、地元の志布志の方々に見られているという意識を持って仕事をしているとのこと。

DSC51_03

 

そのため、社長が指導せずとも自発的に動けるスタッフ達だとか。

DSC51_04

 

朝礼は10分ほどで終わり、ケーキ作りを見学します。

DSC51_05

 

福岡の一流三つ星ホテルでシェフをしていた吉留智人氏です。

DSC51_06

 

素早い動きでスイスイっと作業中。

DSC51_07

 

背後に謎の機械を発見。

DSC51_08

 

その機械にチョコレートを流し込んでいます。

DSC51_09

 

グルグル回る中を見るとアーモンドが。

DSC51_10

 

こんな感じで、アーモンド等をコーティングする機械とのこと。

DSC51_11

 

チーフパティシエ吉留智人氏が手慣れた動きで次から次へとケーキを作っていきます。

DSC51_12

 

匠の技でサクッと完成。

DSC51_13

 

こんな感じで様々なケーキができていきます。

DSC51_14 DSC51_15 DSC51_16 DSC51_17 DSC51_18

 

福岡の一流三つ星ホテルでパティシエをしていた吉留智人氏は、
「華やかな、誰が見てもわっと驚くスイーツを目指す。若い女性の喜ぶ声が嬉しい。」とのこと。

DSC51_19

 

また、「やりたいことをやらせていただき、思う存分に腕を振るっている。道の駅松山は少しづつ知名度が上がってきた。日本一に1日でも早く近づけるように頑張る。」ということで、より新しいスイーツが期待できそうです。

DSC51_20

 

道の駅 松山はこんな感じのスイーツ主体のランチバイキングで、ケーキもメイン料理も食べ放題で1,280円(女性)と1,380円(男性)。

DSC51_21 DSC51_22 DSC51_23

 

郷土料理「がね」もあってビックリ。これ大人気とか。

DSC51_24

 

メイン料理も美味しいですが、道の駅松山といえばやっぱりスイーツ。
松山ベイクドチーズケーキ。

DSC51_25

 

ほろ苦コーヒータルト。

DSC51_26

 

赤字覚悟のメロンショートケーキ。

DSC51_27

 

苺シフォンケーキ。

DSC51_28

 

オレンジシフォンケーキ。

DSC51_29

 

八女抹茶の抹茶タルト。

DSC51_30

 

松山ティラミス。ここの定番でぜひ食べておきたい逸品。

DSC51_31

 

フルーツショートケーキ。

DSC51_32

 

ここのイチゴは、鹿児島県のイチゴで唯一の特別栽培農産物とのこと。
農薬や化学肥料の使用を抑えた、安心安全なイチゴなのです。

DSC51_33

 

ビュッフェコーナーは10:50から案内開始になります。時間前になるとこんな感じで行列が。

DSC51_34

 

客層は女性がほとんど。

DSC51_35

 

ビュッフェ以外にも、トリュフチョコレートが人気とのこと。こんな感じで10種類あります。
手作りなので一つ一つが形が違い、一つ一つ心が込められているので、ブランド名「ココロ
」という名前にしたとのこと。

DSC51_36 DSC51_37 DSC51_38

 

バレンタインデーが近づいているので、生チョコレートもPR中。

DSC51_39 DSC51_40 DSC51_41

 

レジを見ると客の対応をしている藤島博仁社長の姿が。

DSC51_42

 

この藤島社長、福岡県でフォックスカンパニーというソフトクリームの会社も経営しているため、普段は鹿児島に7割、福岡に3割の割合で仕事に取り組んでいるとか。

DSC51_43

 

高校1年生のときに父親が他界して、母親に無理をして大学に行かせてもらったという藤島社長。

DSC51_44

 

それに気負いがあり、早く恩返ししたいという気持ちが強く、大学1年生の時に会社を設立。
会社の立ち上げは簡単だが、運営するのが大変とのこと。

DSC51_45

 

「鹿児島県志布志市の皆さんにはよくしていただいており、何かしようとすると街をひっくるめて応援していただけるので、その思いに応えたい。志布志に恩返しをしたい。」という藤島社長。
道の駅松山を子供達へのご褒美的な場所、記念日に使ってもらえるような場所を目指しているとか。

DSC51_46

「これからも色々なことに挑戦して、志布志ブランドのスイーツを全国に配信していきたい。色々提案してお客様に喜んでもらいたい。」ということで、お客様の喜びが社長の元気の源だとか。

 

今回紹介したのは『道の駅 松山 やっちくふるさと村』藤島社長のお話のほんの一部です。
社長のお話を全部知りたい方は、BTVケーブルテレビの市民チャンネルで放送中の「南九州トップの顔」(1月31日まで毎日放送)で紹介していますのでご覧ください。

 

 

ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ

この記事を書いた人: Jotaro

宮崎県都城市にあるBTVケーブルテレビの社員(2年目)です。冷や汁が好きです。2013年8月に初めて一眼レフを入手、2014年7月にニコンD810をゲット!写真にあきつつある今日この頃ですので、動画用にパナソニックGH4と3軸ジンバルBG001-Proを手に入れて遊んでいます。最近は3DCG制作を勉強中。