取材 , 食べ物
このエントリーをはてなブックマークに追加

芸能人が連泊した「ホテル京セラ」の中にある四川料理専門店『石龍』に行ってきました

DSC62_45

鹿児島県霧島市にあるリゾートホテル「ホテル京セラ」は、有名ミュージシャンが長期滞在するほど評判のいいホテルだとか。そのホテル京セラのレストラン「中国四川料理 石龍」で本格的な中国四川料理が食べられるとのことで行ってきました。

 

中国四川料理レストラン 石龍 | ホテル京セラ
https://h-kyocera.co.jp/restaurant/sekiryu

 

中国料理 石龍(ホテル京セラ 本館3F)[鹿児島県霧島市隼人町見次1409−1]

 

宮崎県都城市から車で約50分。ホテル京セラが見えてきました。
右が本館、左が別館アネックス。

DSC62_01

 

こんな感じで、ホテル京セラは窓のブラインド145枚を使って窓文字を表示することができるのです。

DSC62_02

 

ホテル京セラに到着。

DSC62_03

 

回転扉を通って中に入ると、

DSC62_04

 

広々としたロビーが。

DSC62_05

 

左手にフロント、

DSC62_06

 

そしてロビーチェアがいっぱい。ここにCAさんが集団で座っていました。鹿児島空港に降りたCAさんが鹿児島ステイとなった時の指定ホテルとか。

DSC62_07

 

「ホテ京Z」を発見。ホテル京セラの建物が変形し、スーパーヒーローになるらしい。右手の武器は3階の連絡通路部分のブリッジブレードで、左手の盾は別館アネックスでできているとのこと。

DSC62_08

 

1Fのカフェ&ダイニング「デルソーレ」

DSC62_09 DSC62_10

 

そのメニュー表。1日限定15個のプリンアラモードが気になりますが、今回はスルー。

DSC62_17

 

そして3Fへ。

DSC62_18

 

一面ガラス張り、ホテルの真ん中が吹き抜けの贅沢な作り。天井は天窓で青空が見え、やわらかな光が降り注ぎます。

DSC62_19s DSC62_20

 

ムービーで見るとこんな感じ。

ホテル京セラ(鹿児島県霧島市)はホテルの真ん中が吹き抜け 

 

3Fのチャペル「セントグラシアチャーチ」。三角形ガラス張りでオシャンティーなチャペル。

DSC62_22

 

このチャペルのステンドグラスは、世界でも類を見ない大きさのルビー(イナモリ再結晶ルビー)だとか。

DSC62_23

 

チャペル内はこんな感じ。今回、ホテル京セラのスタッフさんがウェディングドレスを着用して撮影させてもらいます。
ホテル京セラのウェディングは評判がいいみたいです。

DSC62_25 DSC62_26 DSC62_27

 

2月9日(日)に「プレミアムウェディングフェス」という、↑のようなウェディングドレスを着用し記念撮影できたり、模擬挙式・披露宴を体験できるイベントがあるようです。婚礼料理の試食もできるとか。

DSC62_28s

 

次に、3Fの連絡通路に行ってみます。そこでは「縄文遺跡ミュージアム」があります。

DSC62_29

 

外から見るとこんな感じのブリッジです。

DSC62_30

 

通路内で縄文人の暮らしを紹介しています。

DSC62_31 DSC62_32

 

鹿のツノでできた釣り針。

DSC62_33

 

木の器に、食糧のドングリやクルミ。

DSC62_34

 

土偶。祭りや儀式で使われたようだとか。

DSC62_35 DSC62_36

 

縄文時代の村のジオラマも。

DSC62_39 DSC62_40 DSC62_41 DSC62_42

 

一通り見て回って本館3Fに戻ります。左に見えるのが「中国四川料理 石龍」。

DSC62_43 DSC62_44

 

「中国四川料理 石龍」の店内はこんな感じで、赤をベースカラーとした中華料理店の王道を行くような内装デザイン。

DSC62_45

 

個室もあり、今回はこちらで食事します。

DSC62_46

 

「福」の文字が「逆さ」ですが、「逆さ」の意味の「倒」と、「来る」の意味の「到」の発音が似ていることから、「福が来る」という意味になり縁起がいいとか。

DSC62_47

 

1月31日~2月9日までオーダー型のランチバイキングが開催されます。1890円で食べ放題なのです。
今回、そのバイキングメニューでもある四川風麻婆豆腐と海老チリを食べてみます。

DSC62_48

 

料理長が調理中。バイキングでは注文式のため、出来立てアツアツが食べ放題。

DSC62_49

 

四川風麻婆豆腐、海老チリが登場。地元産の食材を使用とのこと。

DSC62_50

 

この海老チリ、海老がプリプリ。海老の風味がしっかりとあり、甘辛いソースと絶妙にマッチ。

DSC62_51

 

適度な辛さと、まろやかさがあってまさに旨辛。卵が入れてあるからまろやかなのだとか。

DSC62_52

 

四川風麻婆豆腐です。「中国四川料理 石龍」といえば麻婆豆腐でしょ?というほどの自慢の品とのこと。

DSC62_53

 

ピリッとくるほどちょっぴり辛口ですが、麻婆豆腐らしい旨みというか、コクがしっかりあり、やみつきになるおいしさ。

DSC62_54

「中国四川料理 石龍」はこんな感じの本格的な中国四川料理が味わえるお店です。

 

今回、「中国四川料理 石龍」ランチバイキングのチケットをペアで2組様にプレゼントしています。

 

ぜひ食べてみたいという方は、BTVケーブルテレビの市民チャンネルで放送中のグルメ番組「天然うまうま」(1月31日まで毎日放送)で応募方法を紹介していますのでご覧ください。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ

この記事を書いた人: Jotaro

宮崎県都城市にあるBTVケーブルテレビの社員(2年目)です。冷や汁が好きです。2013年8月に初めて一眼レフを入手、2014年7月にニコンD810をゲット!写真にあきつつある今日この頃ですので、動画用にパナソニックGH4と3軸ジンバルBG001-Proを手に入れて遊んでいます。最近は3DCG制作を勉強中。