取材 , 食べ物
このエントリーをはてなブックマークに追加

豪華すぎるランチを提供する「おばんざい庵」にまた行ってきました

DSC75_17

お昼の弁当はワンパターンでちょっと飽きてしまったなー。そんな時にパーッと贅沢なランチタイムを過ごしたくなります。
そこでふと思い出したのが宮崎県都城市にある「おばんざい庵」。前回も行ってきましたが、ランチタイムには豪華すぎるほどのこだわり食材を使った旬のメニューが味わえるおばんざい庵でランチを食べてきました。

 

京風家庭料理の御食事処「おばんざい庵」
http://obanzaian.jp/

 

京風家庭料理 おばんざい庵 [宮崎県都城市都島町51-2]

 

おばんざい庵に到着。営業時間は昼11:30~14:30(L.O.14:00)、夜18:00~22:30。

DSC75_01

 

駐車場は店舗のすぐ手前にあります。

DSC75_02

 

「楽しいお食事をお作りしました。」とあるように、楽しみながらピーチクパーチク食事をしてもらうのが店のモットーとのこと。

DSC75_03

 

民家をそのまま店舗にした感じ。天気の良い日は庭のテーブルでも食事ができるようです。

DSC75_04

 

入口を通って…

DSC75_05

 

この右の扉の先には、

DSC75_06

 

10名ほどOKな座敷席と、

DSC75_07

 

4名用のテーブル席があります。テーブル数は3つでこじんまりとしているからこそ、人と料理の温かみを感じやすい空間となっています。
その他2Fにもテーブル席が複数あります。

DSC75_08

 

食材の原産地が札に書かれています。その季節に「うまい」産地から直送で仕入れるので、いつでも新鮮でうまい食材を提供できるようです。

DSC75_09

 

ウォーターサーバーのシェアNo.1アクアクララです。世界が認める品質と味の冷水・温水。

DSC75_10

 

料理ができるまで御番菜(おばんざい)を自由に食べて待つことができます。九州ではなじみのない「御番菜(おばんざい)」という言葉は、京都の家庭料理のお惣菜のことだとか。

DSC75_11

 

御番菜はこんな感じで3種類ありました。これは週替わりとのこと。

DSC75_12 DSC75_13 DSC75_14

 

ランチのメニュー表です。今回注文するのは、旬彩手提げ二段弁当(1390円)、わらじカツ(1390円)、
そして4月1日からの新メニュー2品、春バージョンの大原昼御膳(1490円)、旬彩御膳(1990円)です。

DSC75_15

 

いろどり鮮やかなメニューがぞくぞく登場。

DSC75_16

 

写真を撮ってる場合ではありません。すぐにでも口の中に放り込みたい料理がずらーり。
これはたまりません。

DSC75_17

 

旬彩手提げ二段弁当(1390円)です。人気No.1の品で、1万セット以上の販売実績とのこと。

DSC75_18

 

茶わん蒸しとデザートも付いて1390円はリーズナブルな価格。

DSC75_19

 

鮮度抜群の刺身が中心の上の段。

DSC75_20

 

下の段は天ぷらと煮物で、天ぷらは抹茶塩でいただきます。

DSC75_21

 

デザートは、バナナとチョコレートの黄金の組み合わせ。

DSC75_22

 

わらじカツ(1390円)の登場。ご飯とみそ汁つき。

DSC75_23

 

豚カツじゃなくて牛カツです。これ、とてもでかいんです。

DSC75_24

 

男性の足のサイズ26cmのわらじのようなサイズなのです。3人で1つ注文するのがよいくらいの大きさ。

DSC75_25

 

牛肉が巻いてあり、中にチーズが入っています。これはとってもジューシーなのです。男性の方に人気とか。

DSC75_26

 

そして4月1日からの新メニュー、春バージョンの大原昼御膳(1490円)の登場。
左端のもずくが自慢の逸品、市場にはなかなか出回らない希少な手摘みの天然もずく。日本海の岩場に付いているものを潜って集めてもらっているとか。養殖ものとは違い、風味が豊かでかむほどに味が出てきます。

DSC75_27

 

ハモの湯引きです。梅肉のイメージ強いですが、実はわさび醤油がおすすめとのこと。

DSC75_30

 

4月1日~30日までの1ヵ月期間限定なので注意。

DSC75_28

 

これも4月1日からの新メニュー、リニューアルの旬彩御膳(1990円)です。

DSC75_31

 

海鮮がメインです。

DSC75_31a

 

カキを使用しているのが大きな変更点。日本酒で蒸して加熱処理をしているので安心、安全にカキを味わえます。

DSC75_32b

こんな感じの「おばんざい庵」、ランチタイムにこれほどの素材を使ったものは都城では他にないのではと思う内容でした。

 

今回、「おばんざい庵」の人気No.1、旬彩手提げ二段弁当の無料食事券をペアで3組様にプレゼントしています。

 

ぜひ食べてみたいという方は、BTVケーブルテレビの市民チャンネルで放送中のグルメ番組「天然うまうま」(3月10日まで毎日放送)で応募方法を紹介していますのでご覧ください。

 

 

 

なお、夜のメニューもこんな感じに豪華なのです。

DSC75_33

 

やはり海鮮がメインで、刺身の舟盛です。

DSC75_33a

 

ミンククジラの尾の身です。最高級品で一番高い食材とのこと。マグロの大トロのような味わいで、口の中でパーッとすぐにとろける食感。

DSC75_34

 

こちらはミンククジラのベーコンです。

DSC75_35a

 

押し寿司もあります。

DSC75_36a

 

そして、伊勢海老、アワビ、カキ、沖あさりを炭火で焼いていきます。

DSC75_37 DSC75_38 DSC75_38a

 

伊勢海老は身がつまっており、素材の旨み抜群、ほんのり甘さが口の中に広がります。

DSC75_39

 

アワビは塩をちょっとかけていただきます。肉厚でやわらかく、弾力のある食感で、かむほどに磯の旨みと甘みが広がります。

DSC75_40

こんな感じの夜のコースは3000円からOKとのことで、ランチだけでなく夜の宴会にもオススメのお店です。

 

 

ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ

この記事を書いた人: Jotaro

宮崎県都城市にあるBTVケーブルテレビの社員(2年目)です。冷や汁が好きです。2013年8月に初めて一眼レフを入手、2014年7月にニコンD810をゲット!写真にあきつつある今日この頃ですので、動画用にパナソニックGH4と3軸ジンバルBG001-Proを手に入れて遊んでいます。最近は3DCG制作を勉強中。