取材 , 食べ物
このエントリーをはてなブックマークに追加

魔法の調味料、黒麹を使った料理を食べに「霧の蔵ブルワリー」に行ってきました

DSC84_00

数年前にヒットした塩麹は、素材の旨みを引き出す万能調味料として注目を集めましたが、そのブームは過ぎ去り、今ではすっかり定番調味料として浸透しています。
今回は、その塩麹ではなく、黒麹を使った料理の紹介です。宮崎県都城市の「霧の蔵ブルワリー」でしか味わえないという黒麹を使って素材の旨みを引き出した料理があるとのことで、どのような味なのか気になり、霧島酒造㈱の「霧の蔵ブルワリー」へ行ってきました。

 

霧の蔵ブルワリー | 霧島ファクトリーガーデン
http://www.kirishima-fg.jp/facilities/brewery.html

 

霧の蔵ブルワリー [宮崎県都城市志比田町5480]

 

霧の蔵ブルワリーに到着。霧の蔵ブルワリーは霧島酒造㈱の複合施設「霧島ファクトリーガーデン」内にあります。

DSC84_01 DSC84_02

 

霧島ファクトリーガーデンは、霧島酒造㈱の志比田工場の敷地内にあって、グランドゴルフやビーチバレーができたり、創業記念館やミュージアムなどもあるようです。おじいさんたちがグランドゴルフを楽しむ光景が見られ、人が集まっている感じでした。

DSC84_03

 

霧の蔵ブルワリーの外観です。

DSC84_04 DSC84_05

 

駐車場は目の前にあり、かなりの駐車スペースが。団体用バスも余裕で停められます。

DSC84_06

 

建物の中へ入ると、まずお土産屋になっており、霧島酒造の商品や地場産品が売られています。
ショップの営業時間は9:00~21:00とのこと。

DSC84_07 DSC84_08

 

以前紹介した江夏醤油もありました。この醤油、味と香りがいいのでオススメです。その他、江夏醤油を使った醤油キャラメルという変わり種もあって興味を惹かれました。もちろんネタ用に購入。

DSC84_09

 

本日のお目当てはこちらのレストラン。
営業時間は昼が11:00~15:00(L.O.14:30)、夜が17:00~21:30(L.O.21:00)、ティータイムが15:00~17:00となっています。

DSC84_10

 

今回こちらの座敷席で食事をします。

DSC84_11 DSC84_12 DSC84_13

 

木のぬくもりあふれ、癒しを感じる内装。リラックスして食事ができそうです。

DSC84_14

 

注文するのは、期間限定の霧島黒麹ランチ(1296円)と健麗会席(3240円)です。ほとんどの料理に黒麹が使われています。

DSC84_15

 

霧島黒麹ランチ(1296円)が登場。メインは魚か肉の選択。

DSC84_16

 

前菜です。左からサーモンのエスカベッシュ、ポークタン、ハムのクリームチーズ巻き。
どれも薄味で上品。

DSC84_17

 

ニンジンのポタージュ。ニンジンの風味は感じられませんが、塩加減がちょうどよいポタージュです。単調な味だと思いきや、スープの中にクルミが入っているので食感と味にアクセントが加わって、飽きの来ないおいしさ。

DSC84_19

 

バジルライスとサラダです。もろみパンかバジルライスの選択になります。
バジルライスの上には塩をまぶしたオニオンフライがのっており、いっしょに口に含むと丁度いい塩加減。オニオンフライの食感がやわく、サクサクではないのが個人的には残念なところですが、オニオンの旨みと甘みがバジルの風味とマッチしていい感じに。

DSC84_20

サラダのソースは、アボカドディップ(写真左上)とアンチョビソース(写真右上)の2種類楽しめます。
アボカドディップはアボカドに黒麹、レモン、ワインを混ぜているとのこと。アボカドの風味が弱めですが、爽やかなレモンのほどよい酸味と、アボカドのなめらかさがグッド。
アンチョビソースは塩分とアンチョビの旨みがしっかりとあります。後からアンチョビ特有の香りが感じられます。ブロッコリーにはアンチョビソースがオススメとのこと。

 

メインの肉料理は、春野菜の黒麹豚バラ包みです。菜の花、アスパラ、トマトがそれぞれ豚バラに巻かれています。彩り鮮やかな見た目は女性受けバッチリな感じ。味がよくしみた豚バラとトマトの酸味の相性は抜群。

DSC84_21

 

メインの魚料理は、カレイのウニ焼き春野菜と黒麹のパスタ添え。

DSC84_22

 

デザートはレアチーズケーキとラスクとマドレーヌ、コーヒーまたは紅茶セットです。それぞれブルーベリーソースや、メープルシロップとパウダーシュガーがかけられています。

DSC84_23

 

続いて健麗会席(3240円)が登場。

DSC84_24

 

前菜の3種盛り。

DSC84_25

 

鯛の昆布じめ黒麹白和え添え

DSC84_26

 

大海老黒麹焼きガーリックバター風味

DSC84_27

 

鯛の黒麹けんちん蒸し若草飴

DSC84_28

 

和牛の黒麹煮込み

DSC84_29

 

黒麹漬け鯛茶漬け

DSC84_30

 

黒麹入りチーズケーキとコーヒーまたは紅茶セット

DSC84_31

こんな感じで、黒麹がほとんどの料理に使われています。また、彩り鮮やか見た目がオシャレなので女性が好みそうな料理でした。
黒麹の酵素によって食材のタンパク質やデンプンが分解され、旨み成分のアミノ酸が増えるので、余分な調味料を控えて、素材の旨みで勝負している印象。
どんな料理にも使えて旨みが増すので、まさに魔法の調味料の黒麹。霧島酒造㈱の「霧の蔵ブルワリー」限定とのことで、黒麹でどんな味になるか興味のある方はぜひ訪れてみては。

 

今回、「霧の蔵ブルワリー」の健麗会席の無料チケットをプレゼントしています。

 

ぜひ食べてみたいという方は、BTVケーブルテレビの市民チャンネルで放送中のグルメ番組「天然うまうま」(4月10日まで毎日放送)で応募方法を紹介していますのでご覧ください。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ

この記事を書いた人: Jotaro

宮崎県都城市にあるBTVケーブルテレビの社員(2年目)です。冷や汁が好きです。2013年8月に初めて一眼レフを入手、2014年7月にニコンD810をゲット!写真にあきつつある今日この頃ですので、動画用にパナソニックGH4と3軸ジンバルBG001-Proを手に入れて遊んでいます。最近は3DCG制作を勉強中。