取材 , 食べ物
このエントリーをはてなブックマークに追加

岩をくりぬいた流路を泳ぐ「流しそうめん」が楽しめる、炭火焼鳥「愛の里」へ行ってきました

DSC99_24

ひんやり冷たい流しそうめんの季節がやってきました。
1枚岩をくりぬいた流路を泳ぐ「流しそうめん」が楽しめるという、炭火焼鳥「愛の里」(鹿児島県曽於市)へ行ってきました。

 

焼鳥の店 愛の里・岩盤浴 福の癒
http://www.ainosato.info/

 

愛の里 [鹿児島県曽於市末吉町南之郷11137]

 

都城市から30分くらいで到着。鹿児島県曽於市の豊かな自然に囲まれた所にあるのです。

DSC99_01

 

店舗の外観はこんな感じで、築170年以上という歴史のある建物とか。
「愛の里」という店名は、オーナー福永賢治氏の父が詠んだ詩の中で、「自然を愛すれば、自然の愛の中で迎えられる。」という意味の部分に由来するとのこと。オーナーの父が趣味で始めた店という。

DSC99_02

 

店内に入ると、独特のアンティークな雰囲気が漂っています。創業は約35年前とか。

DSC99_03

 

レトロな電話を発見。浪漫電話というハンドメイド物のようです。

DSC99_04

 

営業時間は11:00~21:00で、写真の表記と違っているので注意。

DSC99_05

 

こんな巨大なオブジェもあったり。

DSC99_06

 

客席の雰囲気はこんな感じ。床に少々べたつき感があったのは残念なところ。

DSC99_07

 

ガラス戸の向こうには緑豊かな自然がいっぱい。

DSC99_08

 

料理が登場。手前から、ほうばみそ(320円)、やきとり(750円)、おにぎり(1個110円)、だご汁(600円)。

DSC99_09

 

やきとりは、鹿児島の南薩鶏を使用とのこと。キレイな色の肉です。

DSC99_10

 

肉と野菜には、沖縄の塩で味が付いています。精製塩とは違い、甘みと旨みがある塩なのだとか。

DSC99_11

 

「炭で焼くと、余分な脂が落ち、遠赤外線で中身がジューシーになる。」というオーナー。
「表面にちょっと色が付く程度に焼いてください。」ということで、焼き過ぎずにいただきます。

DSC99_12

炭火のいい香りがします。食べるとコリコリの歯応えで、ほどよく絶妙な塩味に、素材の旨みと甘みを感じます。
タレである程度食べると飽きが来ますが、塩だと飽きません。どんどん食べれます。

 

次は、ほうばみそです。朴葉(ほうば)の葉っぱの上に味噌とネギとゴマが。
自家製の味噌で、中に鶏の皮のミンチが入っており、沖縄の砂糖を使用とのこと。
岐阜県飛騨高山の郷土料理とか。

ご飯が何杯でも食べられるため、飯泥棒と呼ばれているらしい。

DSC99_13

 

焼いてから、おにぎりにのせて食べます。おにぎりにはアワ、キビといった雑穀が混ざっています。
味噌のいい香りが食欲をそそります。味噌には鶏の皮が入っているのでコリコリの食感がわずかにあり、沖縄の砂糖のサラっとした甘みが感じられます。
体にいいものを提供したいというオーナーの考えで、化学調味料は絶対使用しないとのことで、安心して食べられます。

DSC99_14

 

だご汁です。鹿児島産サツマイモのデンプンを使用した団子状のものや、ニンジン、ジャガイモ、ゴボウ、サトイモ等が入っております。熊本県のだご汁が有名ですが、小麦粉を使わずに、サツマイモのデンプンを使うことが特徴的。

DSC99_15

 

サツマイモのデンプンなので、ゼリーみたいにトロける新食感。鶏ダシの風味が感じられ、鶏肉も入っております。

DSC99_16

 

食事をしつつ、ガラス戸越しにこんな景色を見ることができ、涼しさを感じます。

DSC99_17 DSC99_18

 

お次は流しそうめん(550円)です。流しそうめんの岩はこんな感じで複数(5個くらい)ありました。

DSC99_19

 

一枚岩に流路が彫られ、水が流れています。

DSC99_20

 

そうめんがこんな感じで泳ぎます。

DSC99_21

 

地下水とのことで、よく冷えた水の中を、冷たいそうめんが泳ぎます。

DSC99_22

 

水流はゆっくりなので、麺が取れないということはなく、箸をかまえておけばおのずと麺が絡む感じ。

DSC99_23

 

自家製という麺つゆでいただきます。

DSC99_24

 

麺は揖保乃糸(いぼのいと)なので、当然ながら上質です。コシがあり、舌触りなめらか。
麺つゆがよく絡み、のど越しもグッド。

DSC99_25

 

冷たい流しそうめんを味わった後は、併設されている岩盤浴「福の癒」で体を癒すこともできます。

DSC99_26

こんな感じで、とっても珍しい岩の流路を泳ぐ「流しそうめん」が食べられる焼鳥店「愛の里」。
夏の暑い日に、涼しさを感じる自然の中、冷たい流しそうめんを家族で楽しんでみてはどうでしょうか。

 

もっと詳しくお店を知りたい方は、BTVケーブルテレビの市民チャンネルで放送中の「天然うまうま」(6月10日まで毎日放送)で紹介していますのでご覧ください。食事券の視聴者プレゼントもありますのでぜひ応募してくださいね!

DSC99_02

焼鳥店「愛の里」・岩盤浴「福の癒」 
住所:鹿児島県曽於市末吉町南之郷11137番地
TEL:0986-78-1441
営業:11:00~21:00(L.O.20:00)
定休:火曜日

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ

この記事を書いた人: Jotaro

宮崎県都城市にあるBTVケーブルテレビの社員(2年目)です。冷や汁が好きです。2013年8月に初めて一眼レフを入手、2014年7月にニコンD810をゲット!写真にあきつつある今日この頃ですので、動画用にパナソニックGH4と3軸ジンバルBG001-Proを手に入れて遊んでいます。最近は3DCG制作を勉強中。