取材 , 食べ物
このエントリーをはてなブックマークに追加

夏バテの食欲不振を吹き飛ばしに『三代目まんりょう』へ行ってきました

150528_DSC_00

この時期になると、夏バテで食欲がなくなる方も多いはず。
そんな時には、スタミナ食材「うなぎ」。

 

ということで、土用の丑の日には数百本の「うなぎ」が売れたいう、「三代目まんりょう」(宮崎県日南市)へ行ってきました。
元々は40年ほど地元に愛されてきた「うなぎ屋」がルーツであるという「三代目まんりょう」、その伝統の「うなぎ」はどれほどうまいのでしょうか。

 

 三代目まんりょう [宮崎県日南市南郷町東町14-4]

 

都城市から車で1時間10分ほどで到着。駐車場は店の前と、裏側にもあります。

150528_DSC_01

 

店内の1Fは個室の掘りごたつ席、テーブル席、カウンター席があり、2Fは宴会場になっており、全部で100席ほどあるとのこと。

150528_DSC_02 150528_DSC_03

 

座布団は驚きの厚みで、特注品だとか。

150528_DSC_04

 

メニュー表です。うなぎ以外にも、冷汁、地頭鶏、チキン南蛮と、宮崎の郷土料理が。

150528_DSC_05 150528_DSC_06 150528_DSC_07 150528_DSC_08 150528_DSC_09

 

人の気持ちは移ろいやすく、変わるのが当たり前。
ということで、かつおめし定食(980円)を注文。
食欲不振も吹き飛ばす、お茶漬け風にダシ汁をかけてサッパリと食べられるのが魅力的。

150528_DSC_10

すりゴマと海苔がかかっています。

 

みそ汁、お新香、出汁、小鉢2品が付き。
ご飯はおかわり無料なので、止まらない食欲でも安心。(おかわり無料はランチタイムのみ)

150528_DSC_11

 

漬けカツオなのでそのままご飯と食べます。
あっさりとしたカツオに軽く醤油がしみており、ゴマの香ばしさと、海苔の風味も相まって、ご飯とよく合います。

150528_DSC_12

 

次は薬味と、かつおめし用の醤油もかけていただきます。
薬味の香りと辛みに醤油の甘さが加わり、味の変化が楽しめます。

150528_DSC_13

 

そして、最後にカツオのダシ汁をかけていただきます。しっかりとダシの旨味が感じられ、風味豊かな味わいです。

150528_DSC_14 150528_DSC_15

食欲不振でもこれならサラッと食べられること間違いなし。

 

そして、うな重一列仕込です。40年以上の歴史のある秘伝のタレを使ったうな重。なんともこうばしい香り。

150528_DSC_16

 

小鉢2品、味噌汁、お新香付きで1750円。

150528_DSC_17

 

お持ち帰りもできます。

150528_DSC_18

 

こんな感じの「三代目まんりょう」は、姉妹店が宮崎市に4店舗、そして台湾にも1店舗あり、宮崎の食を世界に広げたいという思いがあるのだとか。
今回私は、かつおめし定食のみ食べましたが、夏バテ予防にはやっぱり「うなぎ」だろうという方はぜひ、「三代目まんりょう」で「うなぎ」を食べてみては。

 

今回ご紹介したのは、BTVケーブルテレビの市民チャンネルで放送しているグルメ番組「天然うまうま」で放送されたほんの一部です。
宮崎県都城市周辺のグルメ情報に興味のある方は毎回要チェック!視聴者限定の食事券プレゼントもありますよ。

 

三代目まんりょう
【住所】宮崎県日南市南郷町東町14-4
【TEL】0987-64-0323
【営業】11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~21:30(L.O.21:00)
【定休】元日のみ

150528_DSC_01

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ

この記事を書いた人: Jotaro

宮崎県都城市にあるBTVケーブルテレビの社員(2年目)です。冷や汁が好きです。2013年8月に初めて一眼レフを入手、2014年7月にニコンD810をゲット!写真にあきつつある今日この頃ですので、動画用にパナソニックGH4と3軸ジンバルBG001-Proを手に入れて遊んでいます。最近は3DCG制作を勉強中。