生活
このエントリーをはてなブックマークに追加

人間国宝級の巨匠、黒木国昭氏の逸品を見に『ガラス祭』に行ってきました

DSC_0042

国の「現代の名工」に認定されているガラス工芸作家、黒木国昭氏がガラスの道を歩み続けて今年で50年を迎えました。
国内のみならず、アジアや欧米でも評価され数々の賞を受賞している黒木国昭氏、その工房があるグラスアート黒木(宮崎県綾町)で、制作体験や掘り出し物市がある『ガラス祭』が11月22日(金)~24日(日)に開催されるとのことで行ってきました。

 

いよいよ始まります^0^ !「ガラス祭」|グラスアート黒木

http://www.glass-art-m.com/news/1060.html

 

A:株式会社グラスアート黒木(宮崎県東諸県郡綾町南俣1800-19)


大きな地図で見る

 

宮崎県都城市から約1時間で到着。日本最大級の照葉樹林に囲まれた宮崎県綾町にある「酒泉の杜」、その施設内に工房があります。
同時開催で「新酒まつり」がありましたので駐車場はほぼ満車。

DSC37_01

 

会場までの風景。なぜかこの池にダイブする人がおり、全身ビチョビチョになっていました。恐らく酔っぱらっていたのでしょう。

DSC37_02

 

「ガラス祭」の前に、「新酒まつり」で豚汁のふるまいがあるので行ってみます。

DSC37_03

 

施設内には複数の食事処があります。

DSC37_05

 

そのメニューはこんな感じ。

DSC37_06

 

新酒まつりの会場に着きました。ステージイベントもあるようです。

DSC37_07

 

ステージプログラム。

DSC37_08

 

特製豚汁のふるまいに人が集まっています。私も遅れて並びましたが、残念ながら豚汁は残っていませんでした。

DSC37_09

 

ふるまい酒のコーナーも。

DSC37_10

 

25店舗前後の出店があり、こんな感じで食事ができます。

DSC37_11

 

みかん詰め放題コーナーも。

DSC37_12

 

焼酎のソーダ割りの試飲もできました。

DSC37_13

 

施設内には観光ワイン工場の綾ワイナリーが。

DSC37_14

 

温泉もありました。

DSC37_15

 

そしてここが、「ガラス祭」が行われている株式会社グラスアート黒木。

DSC37_16

 

今回で15回目のガラス祭、同時にシェラトンの地下一階でもやっているようです。

DSC37_17

 

ショールームの看板。

DSC37_18

 

工房でなにやら制作中のよう。

DSC37_19

 

ガラス制作体験コーナーです。1日限定10名で実際にガラス制作ができます。完全予約制で、前日までに予約が必要。体験料は3,500円+制作品の送料。

DSC37_20

 

窯でガラスを熱しています。

DSC37_21

 

赤々と熱したガラスの形を整えているようです。新聞紙使用。

DSC37_22

 

赤いガラスに透明のガラスがかかっているようです。中にいくつもの気泡がとじ込められています。
工房の職人さんに教えてもらいながら、こんな感じで制作体験ができます。

DSC37_23

 

黒木国昭氏のガラス創作人生50年を看板でアピール。外壁にはガラス制作姿が描かれています。

DSC37_24

 

切子のカット体験コーナーもありました。体験料は3,500円+制作品の送料。20分の短時間でつくれるとか。

DSC37_25

 

こんな感じの切子(右側A・B)が自作できるようです。手順としては、グラスに線を引いて、ダイヤ盤で柄を彫って、薬品でツヤを出すという流れ。

DSC37_26a

 

ガラスアクセサリー制作体験コーナーも。こちらは送料込みで2,500円。

DSC37_27

 

オークション会場です。通常の半額以下からのスタートで、驚きの価格で落札されることが多いとか。

DSC37_28

 

オークションに出品される作品はこんな感じ。
三つ穴花器(通常7,350円)、光琳花器(60万円以上)、りんご文鎮(4,725円)、光琳タンブラーペア(27,300円)

DSC37_29

 

オーシャンブルー光琳花器(通常189,000円)、光琳ビアグラスペア(42,000円)等

DSC37_30

 

この光琳花器は通常150万円ほど

DSC37_31

 

光琳脚長ワイングラスペア(通常37,800円)、琳派光琳花器金赤(52,500円)等

DSC37_32

 

光琳ロックグラスペア(16,800円)、光琳花器(通常189,000円)等

DSC37_33
オークションまで時間があるので掘り出し物市を見ましたが、そこは撮影禁止だったので写真なし。
また、屏風 長谷川等伯画 プラチナ彩「竜虎図」(約770万円)、屏風 金彩象嵌 浮き彫り 琳派 「紅白梅と椿と牡丹」(約770万円)、富嶽三十六景 花器「武州玉川」(約610万円)などの展示もあり、珠玉の作品を楽しむことができました。それらもやっぱり撮影禁止。

 

 

オークションまであと10分。続々と集まります。私もお目当ての作品を落札するために参加。

DSC37_36

 

始まりました。参加者が落札を競い合う白熱のオークション。半値以下でのスタートがほとんどで、中には70%OFFで落札されることも。みなさんおおいに盛り上がっていました。

DSC37_37

 

オークションの後には、黒木国昭氏の公開デモンストレーションがあり、約1時間30分にわたり、匠の技を目の前で見ることができました。

DSC37_38 DSC37_39 DSC37_40

その緊張感あふれる迫力のデモンストレーションの写真も撮ってきたので次回紹介
ガラス祭はこんな感じの参加型コーナーが多く、ガラス工芸に興味がある方には非常に楽しめる内容です。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ

この記事を書いた人: Jotaro

宮崎県都城市にあるBTVケーブルテレビの社員(2年目)です。冷や汁が好きです。2013年8月に初めて一眼レフを入手、2014年7月にニコンD810をゲット!写真にあきつつある今日この頃ですので、動画用にパナソニックGH4と3軸ジンバルBG001-Proを手に入れて遊んでいます。最近は3DCG制作を勉強中。