レビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎県から世界へ『宮崎キャビア1983』を食べてみました(後編)

DSC_21k

さて、前編からの続きで年内分が即完売の『MIYAZAKI CAVIAR 1983(宮崎キャビア1983)』の紹介です。

 

「出来栄えは私の予想をはるかに上回る世界レベルの質の高さです。」(料理評論家、山本益博

「世界でもトップレベルのキャビア、天然物に近い状態にできあがっている。」

MONNA LISAオーナーシェフ、河野透

 

味を極めた一流シェフや料理評論家が認める『宮崎キャビア1983』を食べてみます。

 

宮崎キャビアを氷水解凍法で解凍し始め、冷蔵庫に入れて待つこと90分。

DSC35_21

 

解凍完了。

DSC_01

 

フタを開けるとこんな感じ。プチプチっとした感じで非常においしそう。粒の大きさはイクラの半分ぐらい。

DSC_02

 

上から。内容量は12g、大さじ一杯くらいの量です。

DSC_03

 

原材料はシロチョウザメ魚卵(宮崎産)と食塩のみ。
解凍前は-18℃以下で冷凍保存とのことで、一般家庭の冷凍庫でOK。
解凍後の再冷凍は厳禁で、0℃近いチルド室で保管し、一週間以内に食べてとのこと。

DSC_04

 

4種類のカラフルブリニがセットです。
世界一のパティシエ・芋生玲子さん(宮崎市出身)がアレンジ・製造したブリニとのこと。

芋生玲子さんは2012年にフランス・パリで開催された第3回国際製菓コンクールにて優勝し、先月11月22日に「パティスリー アンオー」(宮崎県宮崎市)をオープン。

DSC_05

 

ブリニの原材料にそば粉、日向夏ピューレ、玉ねぎパウダー、ほうれん草パウダー、赤色102号、黄色4号等が。合成着色料なのが残念なところ。

DSC_06

 

ブリニ8枚のうち、4枚を並べてバターをぬっていきます。黄色い日向夏ブリニだけ一回り小さい感じ。

DSC_07

 

高千穂バターとキャビア用スプーンです。スプーンはキラキラしてて綺麗。
高千穂バターという名称ですが、原産地は宮崎県都城市とのこと。

DSC_08

 

畜産の町、都城市で製造された無塩バター。量は少なくて8gしかありません。タテヨコ2.5cm、高さ1cmくらいの大きさ。

DSC_09

 

こんな感じでのせます。バターの5分の1ほどを使用。バターが足らなくなりそう。

DSC_10

 

宮崎キャビアを専用スプーンですくいます。小指くらいの小さいスプーンでかわいい。

DSC_11

 

スプーン大目に。まずは宮崎キャビアだけで味見。
イクラに近いけど生ぐさくなく、上品で口どけがいい感じ。ぷちぷち感は弱め。
塩分はべろメーターで2.5~3.0%くらい、低塩分でまろやか。卵の香りがほのかに。

DSC_12

 

宮崎県の柑橘類、日向夏味のブリニに宮崎キャビアをたっぷりのせて、

DSC_13

 

いただきます。ブリニのサクサク感とバターとキャビアのとろとろ感が合わさっていい感じの食感。日向夏の風味はありますが主張は弱めで、バターの風味にかき消される感じ。キャビアの塩分と無塩バターとでちょうどよい塩加減。

DSC_14

 

次は、全4種類いっきにいきます。これで高千穂無塩バターを使いきりました。
残りのブリニ3枚はどうしよう。

DSC_15

 

宮崎キャビアをこんな感じでのせて、

DSC_16

 

玉ねぎ味のブリニからいただきます。ブリニ単体だと玉ねぎ風味はありますがやっぱり主張は弱めで、バターの量が多すぎたのか、他の食材と合わさると玉ねぎ風味を感じません。
キャビアのまろやかで上品な味がフワっと舌の上に広がってグッド。バターと合わさっていっそうなめらかな食感。

DSC_17

 

ほうれん草味、

DSC_18

 

そば粉味といただきますが、やっぱりブリニの風味は他の食材に隠れて目立ちません。ブリニ自体は甘さもなく、サクっとした食感のためにある感じ。その主張の弱さが、キャビアの素材の良さを引き立てる味わいです。

DSC_19

 

ブリニ5枚分使って、残りの宮崎キャビアはこんな感じ。残り半分くらい。

DSC_20

 

残りは、ほくほくジャガイモにバターとで。
ブリニとよりもおいしい~。とにかくおいしいです。残りの宮崎キャビアはこれでいきます。

DSC_21k

外国産の輸入ものキャビアは保存期間を長くするために、高塩分で低温殺菌処理をしていますが、「宮崎キャビア」は保存処理をしていない国産で唯一の本格熟成キャビアとのこと。
高価ですが味はいいので、クリスマスやお正月などお祝いごとの日に、リッチな気分を味わいたいときにオススメです。

 

宮崎県水産試験場で味や品質の分析を行っており、徹底的に品質にこだわったという「宮崎キャビア」。安定したチョウザメ養殖技術の確立、世界トップレベルを目指した加工技術の開発、30年の研究と人々の夢の結晶なのです。
当面は国内向けに販売し、将来は宮崎県から世界へ向けて販売していくとのこと。

 

現在、「宮崎キャビア1983」は宮崎県内だけでなく福岡や東京でも年内分は完売とのことですが、宮崎観光ホテルのレストラン、ディアマンルージュ(宮崎県宮崎市)のコース料理で味わえるようなので、気になった方はどうぞ。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ

この記事を書いた人: Jotaro

宮崎県都城市にあるBTVケーブルテレビの社員(2年目)です。冷や汁が好きです。2013年8月に初めて一眼レフを入手、2014年7月にニコンD810をゲット!写真にあきつつある今日この頃ですので、動画用にパナソニックGH4と3軸ジンバルBG001-Proを手に入れて遊んでいます。最近は3DCG制作を勉強中。