レビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加

今月解禁された『完熟たまたまエクセレント』を買って食べてみました

宮崎県の特産品である「たまたま」が今月の1月15日に解禁になりましたので買ってきました。

「たまたま」とは「宮崎県産きんかん」のブランドで、木の上で完熟させてから収穫するので、糖度が高くてそのまま生で丸ごと食べられます。糖度16°以上のものが「たまたま」、糖度18°以上のものが「たまたまエクセレント」のブランド名で販売されます。

 

完熟きんかん「たまたま」 | みやざきブランド推進本部
http://www.miyazakibrand.jp/brand-list/15-cumquat/

 

「たまたまエクセレント」が12,800円/1kgで販売されていました。予想以上に高いのでケース買いはあきらめ…

01

 

「たまたまエクセレント」5個セットで590円があったのでこっちを購入。
「たまたま2L」5個で290円、「たまたま3L」5個で390円も購入。
エクセレントがどれだけ甘いのか比較してみます。

02

 

宮崎県のきんかん生産量は日本一とのこと。
購入後は、乾燥しないようにポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保管。
また、きんかんは、ガン抑制効果があるといわれるβ−クリプトキサンチンを多く含んでいたり、
ビタミンCがレモンとほぼ同等量であったり、シネフリンという成分で咳止めの効果が期待できるとか。

03

 

上から「たまたま2L」、「たまたま3L」、「たまたまエクセレント」。
「たまたまエクセレント」の大きさは2Lと一緒な感じ。

04

 

まずはサイズの異なる「たまたま」同士で味を比較。

05

 

左が「たまたま3L」、右が「たまたま2L」。
商品基準は糖度16°以上。

06

 

大きさはiPhone5sと比較してこんな感じ。

07

 

半分に切ってみるとこんな感じで種が2,3個入っています。
上が「たまたま2L」、下が「たまたま3L」。

08

 

まずは「たまたま2L」からいただきます。
きんかんのフレッシュな香りと、皮と果肉のやさしい甘みが口の中に広がる感じ。果肉の酸味の主張は弱め。後から皮独特の渋みが少し感じられるのは、やはりきんかんだから。予想よりもやわらかい甘みだったものの、普通のきんかんよりは甘くて旨い。食べると種が気になるので、食べる前に種を取っておきたい。

09

 

続いて、「たまたま3L」。
2Lと糖度の差は感じられず、当然味も香りもいっしょ。サイズが大きい分、種の数が多いかもしれないぐらいの違い。

10

 

そして、「たまたまエクセレント」。商品基準は糖度18°以上。

11

 

2つに切ってみました。(左端がエクセレント)

12

 

食べると、なんと、甘さに違いは感じられませんでした。私のベロメーターがおかしいのでしょうか。
念のため、別な「たまたまエクセレント」も食べてみましたが、「たまたま」と違いを感じることができませんでした。それでも十分美味しいのですけどね。

13

今回、残念ながら「たまたま」と「たまたまエクセレント」の差を感じることができませんでした。もしかしたら今回の「たまたま」が秀逸すぎてエクセレントに近かったのかもしれません。
きんかんの旬は1月~3月までなので、気になる方はぜひご賞味を。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ

この記事を書いた人: Jotaro

宮崎県都城市にあるBTVケーブルテレビの社員(2年目)です。冷や汁が好きです。2013年8月に初めて一眼レフを入手、2014年7月にニコンD810をゲット!写真にあきつつある今日この頃ですので、動画用にパナソニックGH4と3軸ジンバルBG001-Proを手に入れて遊んでいます。最近は3DCG制作を勉強中。